自分に合った浴衣の選び方とポイント

浴衣は、一般的にフリーサイズのため、どれくらいの身長まで対応しているのか、なかなか解りにくいですよね。フリーサイズというのは、平均身長が大体155cm~170cmだと言われています。また、購入する際に、身丈が記載されていましたら、その身長に対して+-10cm程度までならカバーできるでしょう。
フリーサイズではなく、きちんと自分のサイズに合わせて仕立ててもらう場合には、腕の長さに気を付けましょう。身丈は先ほども申し上げました通り、+-10cmまでであればカバーする事が出来ますので、少し成長をしても調節をする事が可能です。ですが、腕の長さに関しましては、身丈とは違い、調節する事が出来ません。そのため、事前にきちんと測って、自分の腕の長さに合ったものを選びましょう。

オシャレに着こなすためのポイント

オシャレに浴衣を着こなすためには、雰囲気を壊さないようにする事が大切です。気を付けなくてはいけないのが、衿元になります。衿元は、どうしても自分一人で着るとなると、空き過ぎてしまう事があります。衿元は、空き過ぎてもいけませんし、また、詰めすぎてもいけません。
鎖骨と鎖骨の間にある、くぼみのあたりで合わせてみるのがベストな着こなしになります。また、衿の合わせ方を失敗しないようにしましょう。必ず右前にして、左の生地が上にくるように合わせて下さい。右前と聞くと、そのまま右の生地を上にする人がいますが、これは、右側を先に身体に合わせるという意味になりますので、間違えないようにしましょう。着こなし方を間違えてしまいますと、だらしなく見えますし、恥ずかしい想いをするので、気を付けましょう。

一番気を付けなくてはいけない事とは

浴衣の着方で、最も気を付けなくてはいけないのが、インナーが透けていないかどうかという事です。せっかく上手にポイントを抑えて着こなしても、肝心のインナーが透けてしまっては意味がありません。生地自体が薄いのと、ぴったりと肌に沿うように着るために、どうしても光に当たるとインナーが透けやすくなります。
そこでおすすめするのが、ベージュなどの、目立たない色をインナーとして持ってくるという事です。余裕があれば、専用の和装インナーと肌襦袢を身につけましょう。そうすれば、完璧に透ける事はありませんので、安心して外を歩く事が出来ます。また、ぶっつけ本番で着るのではなく、一度試しに着てみて、インナーが透けていないかどうかというのを、チェックする事も大切でしょう。