和服を日常生活に取り入れるのなら、浴衣を着てみよう

今は生活をしていくのにあたって、ほとんどが洋服を着用するようになっているのですが、従来の日本の着物も稀に着る機会もあることでしょう。着物というのは一般的には和服といわれており、多くの人が着用したいと思いながらも、なかなか日常生活に取り入れるができない状態であるのが現状です。
しかしながら、年中行事などで取り入れることができることもあります。ですから、そういった機会を大切にして、普段とはまた違った着装をすることができるように工夫をしたいものです。
特に浴衣は場面によっては着ることができる機会もかなりあるものです。自分の好みのものを上手に生活に活かしていくことができるようにしたいものです。古い伝統の中にも新しい流行を入れることができることもあります。

日本の民族衣装である和服を生活に

和服というのは一般の人たちの日常着として使われることはほとんどないのが現状です。しかし、行事関係や冠婚葬祭などに取り入れることも多く、結婚式や葬式などでは着用されることもあります。また、武道や伝統芸能などの分野の人たちでは和服が主流になっていることもあります。
最も見かける機会があるのが、夏祭りや花火大会の浴衣になります。これはひとえ長義着といわれる裏地をつけない一枚仕立ての和服になります。女性と男性では違った構成になっているのですが、大きくはそれほど変わる部分はないといわれています。着こなし方なども違いますが、自分の好みで着ることができるように工夫をして、和服を楽しみたいものです。
また、旅館などに宿泊する際には寝間着として使われることもあります。

浴衣の反物を選ぶということになったら

イベントなどで着ることになるのなら、反物から選ぶということになるかもしれません。最近は仕立てあがったものをそのまま購入することもできるのですが、構成を知ったりするためにも和裁を基本をして、自分で仕立てることを考えてもいいでしょう。
そこでまずは自分の好みの反物を見つけるところから始めるといいでしょう。柄合わせのこともあるのですが、飛び模様や縞、地模様など、いろいろなタイプがあります。柄の大きさなどによっても合わせ方が違ってくるのですが、帯をつけて着用したときをイメージして決めていくといいでしょう。一般的には一反は11~12mで幅は38cmくらいのものが多くなっています。
紺色や白い古典柄が流行もなく人気がありますが、最近は斬新な蝶や花なども流行っています。